第二の歯に変わった感想と注意点

インプラントで治療しようと考えているなら、重要なのは当たり前なのですが、自分にとって一番良い治療を提供してくれる歯科医師を見つけることです。この治療技術をしっかり熟知している歯科医というのは当然ですが、手術前の検査や、治療方針、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されてしまうので、後々決定的な違いが出てくるとものと思われます。
そのためインプラントは医師の技量が、その後の治療成績を大きく左右する治療法ということをよく考えて下さい。

ですから歯科医師を選ぶことに力を注ぐことが、術後の快適な生活を決定するといってもいいかもしれません。私の場合、先日、虫歯を悪化させてしまい、ついに歯を抜くことになっってしまいました。。
ブリッジ治癒という選択もあったのですが、先生から今後のことを考えてインプラントをすすめられたため、そちらを選択しました。。
治療は自費のため、かなり高額になってしまいますが、しっかり噛めるようになるためインプラントをおすすめするとのことでした。
初めは不安もありましたがインプラントにしてからは、非常にかみやすくなり、インプラントにして本当に良かったと思います。

通常、インプランのト治療は、3段階に分けられます。

まずは人工の歯根をあごの骨に埋め込無段階。

そしてあごの骨や周辺の組織と人工歯根がしっかり固定されるのを待ちます。その後、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけて、義歯をかぶせれば使用可能となります。

この過程の中では、人工歯根とあごの骨が定着するまでの時間がもっともかかります。定期的に検査をしながら様子を見て、およそ2ヶ月から6ヶ月の期間を要します。

治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに必要な期間は短くて約3ヶ月、長くて10ヶ月くらいかかると思っておいていいでしょう。